介護福祉士の資格を持つ方々が、介護の仕事から一度離れても、いつでも円滑に介護の仕事で再び活躍できるように、都道府県福祉人材センターに届出ることが努力義務として規定されています。

届出、登録することで、介護に関わる最新情報の提供や研修によるスキル維持・向上のサポート、就職の意向をもった時には、最適な就業場所を紹介するといった福祉人材センターによるサービスを継続して受けられます。

福祉のお仕事 ー 離職介護士届出制度

詳しくは、こちら(福祉のお仕事 ホームページ)

 

関連記事

サポート窓口・関連情報

ページ上部へ戻る