失業や就職活動の行き詰まり等の事情で経済的な困窮状態に陥っている者(生活困窮者)を対象とした、自立に関する相談支援や就労に関する支援制度。
現在生活保護を受給されている方は対象外で、生活困窮者の「自立の促進」を図っていくことを目的としています。
基本は現金給付ではなく、経済的・社会的な自立に向けた相談支援の提供となります。

具体的には、
●具体的な支援プランを一緒に考える自立相談支援事業
●離職により住居を失った方や、又は失うおそれのある方を対象とした住居確保給付金
●コミュニケーションが苦手な方など早期の一般就労が困難な方を対象にした就労準備支援事業
●生活保護受給世帯を含む生活困窮世帯の主に中学校3年生の生徒を対象として、大学生による高校進学を目標とした学習支援事業
などの支援があります。
※いずれも、一定の資産・収入に関する要件を満たしている方が対象

詳しくは、西宮市ホームページをご覧ください。

関連記事

サポート窓口・関連情報

ページ上部へ戻る